ルビー・ポート

1884年ポルトに創業された歴史あるワインメーカー。ヴィーニョ・ヴェルデ、ドウロ(ポートとスティルワイン)、トラズ・オス・モンテス、ダン、ポルトガル北中部の名産地に広大な自社ブドウ園を所有、品質の高いディリーワインから見事なヴィンテージポートまで数多くのポルトガルワインを送り出すポルトガル屈指のワイン生産者です。

1998年、ジョゼ・マリア・ヴィエイラ氏の率いるJMVグループの傘下に入り、最新のブドウ栽培技術と新たな生産設備の導入によりワインの品質は大きく向上しました。減農薬農法でブドウを栽培、手摘みで収穫(一部商品は機械摘み)を行っています。現在はジョゼの長女 フェルナンダ・ヴィエイラが会社を運営しています。

2012年には、AWCウィーン国際ワインコンクールにおいて、ポルトガル最優秀生産者賞を受賞しました。

ブドウは除梗、破砕後3〜4日間スキンコンタクトののち澱引き。その後アルコール度数77%のブランデーを添加し大樽で熟成。

他社のルビー・ポートと比べて、酸味、果実味は僅かに穏やかではありますが、申し分ない甘味、旨味と熟成感があり味わいに奥行きをもたらしています。

深いルビーレッドで、ストロベリーを思わせる赤い果実とミントのような爽やかな香りが引き立ちます。口に含むと、まさにストロベリーのような若々しさ、爽やかさ、しっかりとした骨格が感じられ、バランスの良い甘さが後を引きます。

ジャパン・ワイン・チャレンジ 2015 銀賞
AWCウィーン国際ワインコンクール 2015 銀賞

【ブドウ品種】 トウリガ・フランカ、トウリガ・ナショナル、ティンタ・バロッカ、ティント・カン、ティンタ・ロリス
型番 POTBRG-01(ボルゲス)
販売価格
1,800円(内税)
購入数