テール シャトー・フルール・オー・ゴーサン 2009

シャトー・フルール・オー・ゴーサンは、フロンサックの西、ヴェラック村に位置しています。1941年から4世代にわたって続く家族経営の生産者です。現在4代目のエルヴェ・リュイエがシャトーを引き継ぎ、ワイン造りを行っています。

1990年より全面的な改革を行い、ブドウの栽培方法も一新しました。また数年間をかけてセラーに投資を行い、最新設備を整え、現代的なワイナリーへと生まれ変わりました。近年では、ボルドー・シュペリュールのトップのひとつに位置付けられ、ヴィンテージに左右されない安定性と品質の高さが評価されています。

2009年が非常に素晴らしい年だった為、造ることにした特別なキュヴェです。

石灰岩を多く含む粘土質土壌、南向きで日当たりのよい場所にあります。ブドウの平均樹齢は30年。仕立てはダブル・グイヨです。植密度は4,500本/ha、収穫量は45hl/haです。

質の高いブドウを得るため、芽かき、グリーンハーベストを行い、ブドウが完熟するように葉落としの作業を丁寧に行います。収穫はブドウの温度が上がらないように夜間に行います。アルコール発酵前に7度で48時間、低温マセラシオンをおこないます。発酵は温度コントロールしたステンレスタンクで行います。熟成は樽で6ヶ月行います。清澄をせず、フィルターも弱くしかかけません。

透けない濃厚な色合い。落ち着きのあるエレガントな香りは、強すぎず弱すぎずバランスの取れたもの。口に含んだ瞬間に感じる非常に柔らかい丸みを帯びた口当たりでまず、これは良いと感じられます。2018年時点で9年目を迎えているにも関わらず、強くしなやかな渋味をしっかりと感じることができて、全体の構成も素晴らしいです。2,000円台で楽しめると考えれば本当に価値のある1本だと思います。

【ブドウ品種】 メルロ 90%、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン 10%
型番 BORCFG-01(シャトー・フルール・オー・ゴーサン)
在庫状況 在庫 2
販売価格
2,484円(内税)
購入数