ル・グラン・パンシャン ミネルヴォア 2016

南フランス・ミネルヴォア地区の生産者です。フランス国内で大変人気のある生産者で、ミシュランガイドの星付きレストランでも使用されています。

ブドウ栽培には肥料や農薬の使用をごく僅かだけ使用しています。レイモン・ジュリアンのワイン作りは非常にユニークなもので、現在ではあまり使用されていない古典的な手法、独特の醸造方法を用いているため、それが逆に新鮮さやオリジナリティを感じさせます。

独自の世界観があるのでしょうね。自分の信じる方法を貫く、まさに当店好みの生産者さんです。ワインももちろん美味しい!

色合い、香り、味わいに濃さを感じます。凝縮感の中の柔らかさとしっかりとした渋味。濃い目の味わいがお好みの方には本当にオススメです。 樹齢80年という古木のカリニャンを使用していますので、比率が少ないと言えど、奥深さを感じさせます。

ワイン名にもなっている『パシャン(penchant)』は『好み』という意味です。生産者の造ろうとする味わいの答えがこのワインに込められているような気がしてなりません。ラベルには空に浮かぶ雲が描かれています。

生産量は5,000本。

【ブドウ品種】 シラー 80%、カリニャン 20%
型番 SFRRMJ-01(レイモン・ジュリアン)
在庫状況 在庫 1
販売価格
2,160円(内税)
購入数