963 21年

このウイスキーの企画・販売元の福島県南酒販さんと製造元の笹の川酒造さんの繋がりは、1949年まで遡ります。

戦後間もなくウイスキーの製造を発案し、製造免許を取得した笹の川酒造さんの8代目当主、山口哲蔵氏。製造開始から3年後の1949年、山口氏は、福島県南酒販さんの初代社長を務めることとなりました。

そこから70年近く、多角的にビジネスを展開され、福島の酒文化を支え続けています。

新たなるチャレンジとしてリリースされたのが『963』というウイスキー。『963』とは郡山市の郵便番号の頭3文字。明治維新以降の郡山のフロンティアスピリット、自由な郡山の風土を表現しているそうです。

笹の川酒造安積蒸溜所のウイスキーを使用したブレンデッドウイスキーで、シリーズとして様々なアイテムがリリースされています。

すべてノンチルフィルター(冷却濾過をしていない)で、着色は一切なしの963シリーズ。個性豊かな原酒のみでつくられています。

モルトウイスキーとグレーンウイスキーを絶妙にブレンドし、58度の原酒を郡山の風土の中で樽貯蔵した逸品。21年という時間の流れを芳醇な香りと柔らかな飲み口をゆっくりと楽しめます。

本品は味わいを活かすため原酒のままの状態にこだわり加水を一切せず、また冷却濾過も施しておりません。

700ml

【種別】 ブレンデット
【原材料】 モルト、グレーン
【アルコール度数】 58%
型番 WSK963-04(笹の川酒造)
在庫状況 在庫 1
販売価格
19,440円(内税)
購入数