カヴァ ブリュット ナトゥレ グラン・レセルバ 2010

大変珍しいことに、自家畑のブドウのみを使ってカヴァを造っています。ペネデスにカヴァの生産者が200社余りありますが、自家畑のブドウだけで造っているのは30社に過ぎません。テロワールにとことんこだわっており、醸造はテロワールと区画で分け、64種類のタンクがあり、これをブレンドしてカヴァを造っています。手間はかかりますが、区画毎にワインを造ることはとても大切で、それらをパズルのピースのように組み合わせています。これほどまでにテロワールを分散した造りをしている生産者はペネデスにはいません。

カヴァは地ブドウにこだわり、シャルドネなどは使っていません。自然のサイクルと月の満ち欠けはリンクしているため、選定、施肥、収穫、瓶詰なども月の満ち欠けに沿って行います。助っ人として羊を飼い、雑草を食べてもらい、糞は肥料にしています。

セラーは地下13mにあり、冬は12度、夏でも15度で、瓶内二次発酵には最適の温度となっています。珍しいことに、年に1回ボトルを専用の機械を使ってシェイクします。澱を撹拌することで、細かく小さな泡が出来、クリーミーな泡を与えることが出来ます。

オーダーが入ってから、デゴルジュマン(澱を除去する)をします。出荷前にすることで、フレッシュな風味が残ります。味わいとして、ブルット・ナトゥレと若干のブルットしか造っていません。ドザージュ無しでも充分果実味があるためで、他の多くの産地ではドザージュ無しでは味わいが薄くなってしまいます。

古い土壌が堆積した区画の平均樹齢50年以上のブドウを使用しています。

樽を使い、14〜18度で発酵させます。最初の酵母でワインの味が決まるので、天然酵母で発酵させています。品種毎に別々にワイン造りをした後、ブレンドします。

どういうキャラクターのワインを造るかイメージを持ち、それに合わせて64種類のワインから吟味して組み合わせています。

熟成は36ヶ月以上行います。

パイン、ユーカリ、ドライフルーツなどの複雑な香りがあり、最後にトーストの香り。口に含むとエレガントでクリーミーな泡立ちを感じます。『スパークリングワインとしてだけではなく、ワインとしてきちんと完成されていることに満足している』。

ソースを添えたしっかりとした料理にも合わせることが出来ます。専門ガイドで高いポイントを獲得しており、スペイン国内のミシュラン星付きレストランでも多くオンリストされています。5年〜10年と瓶熟させることが出来ます。

【ブドウ品種】 チャレロ、マカベオ
型番 SPACLR-02(カステルロッチ)
在庫状況 在庫 1
販売価格
4,536円(内税)
購入数