シャトー・ムートン・ロートシルト 1985

極めて寒さが厳しかった1月から冬はスタートしました。ほぼ16日間、氷点下の気温が観測されています(最低気温-20℃を記録)。大雪が1週間続くなど、厳しい天候にも関わらず、ブドウ畑への影響は比較的限定的でした。その後、2月にも寒さの厳しい時期が1週間ほどありましたが、概ね平年どおりの冬の天候となりました。3月には温暖な天候に恵まれ、萌芽を迎えました。メルロとカベルネ・フランに関しては4月1日、カベルネ・ソーヴィニヨンの萌芽は4月8日に記録されています。4月および5月は温暖で雨が多く、6月になると一気に花が開きました。品種ごと、開花中間期は6月13日あるいは6月14日に記録されています。

夏の初めに幾度か雷雨に見舞われ、7月になると好天の日が続きます。8月は旱魃傾向でした。(この月の降水日数はたったの2日。)日照量は異例の高さで、1985年は観測史上最も乾燥した1年となりました。

着色中間期は赤ワイン用ブドウ品種3種とも8月16日に記録されています。収穫までの期間、畑自体はさほど旱魃に悩まされることもなく高品質で、その証拠にブドウの粒は平年どおりの大きさで収穫されています。敢えて言うならば、幾つかの区画に若干酷暑の跡が見られた程度です。その後は好天が続いたことで、ゆとりのある収穫状況が整い、ブドウ果実の品質も非常に高いレベルにまで向上しました。

濃厚な赤い外観。若干熟成の兆しが見られます。香りは、熟した果実、ブラックベリーやブルーベリー、カシスが特徴。メンソール系、お香、バニラ、カカオのノートも感じられます。アタックには丸みがあり甘美な味わい。タンニンは溶け込んでいます。ストラクチュアはたっぷりと芳醇。キャラメルや熟した果実のノートを含みます。後味の余韻は長く、各種スパイスのノートが残ります。

ラベル作品担当
ポール・デルヴォー(1897〜1994)
ベルギー生まれのアーティスト。シュルレアリスムの中心人物となる以前には、フランドル表現主義の影響を受けていました。事実、近代絵画の大家が生み出す世界は、奥深くまで独創的で、むしろ『レアリスム・マジック』を思わせます。デルヴォーは、ミステリーに満ちた強迫的な場面を描き続けました。乳白色に描かれた、重苦しく、かつ官能的な裸体の女性モデルは、精気のない視線を向けます。まぼろしの世界のような舞台設定。月明かりのような光彩のもと、写実的タッチの都市の景観と開放的な自然が隣り合わせに描かれます。

1985年ムートン・ロスシルドのラベルには、清純で模範的な少女たちが描かれています。最初はお互い見知らぬ様子。ところが、うっとりとブドウの房を見つめ、手で触れ、最後にはそれを味わうことで、ブドウの魔力によって結ばれます。

【ブドウ品種】 カベルネ・ソーヴィニヨン 75%、メルロ 12%、カベルネ・フラン 10%、プティ・ヴェルド 3%
型番 BORCMR-03
在庫状況 在庫 1
販売価格
95,500円(内税)
購入数