ラ・ターシュ 1996

ロマネ・コンティ畑の歴史はローマ時代まで遡り、ローマ人が統治とブドウ栽培への感謝からこの村の極上の畑に「ロマネ」という名を送りました。ローマ時代から2000年に渡りこの畑ではブドウ栽培が行われています。10世紀初頭以来、サン・ヴィヴァン修道院が所有し、18世紀初頭にはルイ14世が持病の治療薬として毎日スプーン数杯のロマネ・コンティを飲んでいました。

1760年コンティ公爵がこの畑を所有し、すべて自家用に切り替え、コンティ公宮殿で多くの芸術家たちに振舞われました。フランス革命により畑が没収されますが、ロマネ・コンティという名前だけは残りました。

1869年、現当主のオベール・ド・ヴィレーヌ氏の家系がロマネ・コンティの所有権を得て、その後畑を買い足していきました。1942年に会社組織とし、現在はオベール・ド・ヴィレーヌ氏とアンリ・フレデリック・ロック氏が共同経営者となり、ドメーヌの運営を行っています。

ロマネ・コンティでは1945年まで、接木をしないままフィロキセラの虫害に対処してきました。畑に植えられているブドウの樹は伝統に取り木のみで、つまりコンティ公爵時代に植えられていたブドウの直系の子孫です。1945年末にすべての株が引き抜かれましたが、すべてを抜く前にラ・ターシュの畑をロマネ・コンティの畑から取った接ぎ穂を使って更新し、そのラ・ターシュの畑からの接ぎ穂で、再びロマネ・コンティの畑を更新する方法を取りました。そのため、現在でも公爵時代の直系の子孫のみが植えられています。畑ではビオディナミ農法が行われ、一部の畑では馬を使って耕作しています。収量は低く、赤のグラン・クリュの優れた年で1ha当たり30hl、天候があまり良くなかった年で、10hl程度まで落とすことがあります。

ブドウは軽くカットするだけで、破砕・除梗せずそのまま木桶に入れ、発酵させます。発酵温度は32〜33℃に保ち、発酵および醸しはできるだけ緩やかに長めに行うようにしています。樽熟にはトロンセ産の樫の新樽を100%使用。熟成期間に1回だけ滓引きを行い、最後に卵白を使って清澄します。

ラ・ターシュはドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社が単独所有(モノポール)するフランスのブルゴーニュ地方、ヴォーヌ・ロマネ村に在る約6.1ヘクタールのグラン・クリュ(特級格付け)の畑。元々のラ・ターシュは約1.43ha程でロマネ・コンティよりも小さな畑でありましたが、所有者のドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の申し立てで、1932年に直ぐ上に隣接するゴーディショの約4.62haの畑を併合し、今の形になりました。

畑の形が縦長で、高低差も50m近くある比較的広い畑である事が幸いしてか、毎年品質的には安定感があり、時にはロマネ・コンティを上回ると評されています。

完璧な熟成をしていますので、1996年という質量共に優れた年のラ・ターシュの魅力を思う存分お楽しみいただけると思います。

かなり深い色。多面的な芳香。大地を思わせ、根のようで、粗野で、固いエッジがある。次に、植物的でかすかにタールのにおいがし、リッチでスパイシー。そういうさまざまな香りが開花し、グラスの中で2時間たっぷり維持される。風味が口いっぱいに広がり、完璧。非常に良い風味、細身で、コシが強く、良い余韻。かすかな厳しさと、タンニンと、溌剌とした酸味。【Michael Broadbent】

【ブドウ品種】 ピノ・ノワール
型番 BOUDRC-02(ロマネ・コンティ)
在庫状況 在庫 1
販売価格
538,000円(内税)
購入数