V.d.P.ドック シャルドネ キュヴェ・ド・ブリュ 2015

la Revue du vin de France(RVF)誌(フランスのワイン専門誌)で、2012年間最優秀ワイン生産者組合賞受賞。

《歴史》1901年ラングドック128軒生産者により、マロッサンにフランスで初めてのワイン生産者組合として設立
《社長》ミシェル・バタイユ 元ラグビー選手
《エノローグ》デルフィーヌ・グランジュタ
《アグロノモ》ガブリエール・ルッチ
《組合員》約1,200軒
《葡萄園》7,000ha ガスコーニュ、ラングドック、プロヴァンス、コート デュ ローヌ
《モットー》Tous pour chacun,chacun pour tous.(みんなは一人のためにあり、一人はみんなのためにある)

フォンカリユの名前は、FONtiès d’Aude、CApendu、ALzonne、MontoLIEUの4つの村の名前にちなんでいます。それぞれの地域の畑の葡萄を、7箇所存在する醸造所に持っていき醸造を行います。各醸造所で造られるワインは、女性のエノローグ、デルフィーヌ グランジュタともう一人、12年間勤めているトップアグロノミスト、ガブリエール・ルッチがチェックしています。この2人が年間を通して畑を管理する農夫達に畑や区画ごとに細かく指導を行っています。その後、フォンカリュのラボで品質をチェックし、レンジごとに分けます。セラー内は、5人で作業しています。ブレンドなどの指示は、全てラボから細かく指示されて、タンクの管理などもデータで全て管理しています。酵母は、セレクトイーストを使用しています。農家から購入したものは全てをワインにしますが、50%はバルクワインとして販売しています。

フランス産のオークの新樽で2〜3ヵ月熟成されます。また30%は発酵もオーク樽でおこないます。樽は個性の異なったフランス国内のいくつかの森からのものを使い(アリエ、ニヴェル、ヴォージュ、ブルゴーニュなど)、最後にブレンドします。大切なのは良い樽の会社を探すことと木の産地、そして内側の焦がし具合だそうです。美しく淡い麦藁色、あふれる香りとほどよいコク、樽の香りは強すぎずバランスがとれています。余韻の長さにも驚かされます。高級感のあるブルゴーニュタイプのボトルに詰められています。

【ブドウ品種】 シャルドネ
型番 SFRFCU-01(フォンカリユ)
在庫状況 在庫 2
販売価格
1,620円(内税)
購入数